読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆の東京

aru ahou no TOKYO

太一亭(小伝馬町)

今日は飲みたい。どこにしよう。

ここのこと思い出した。太一亭。
f:id:pen77:20160121184231j:image

すごい店だよ、ここは。
f:id:pen77:20160121184258j:image
やきとり職人が手作りでやってる店です。

というより、大将がクドイ店です、本当に。
f:id:pen77:20160121184853j:image

寄り道コースにしようかな。ゼッタイ得だって。
f:id:pen77:20160121184934j:image

前回もそれにしたから、2千円のほうにしようかな。
f:id:pen77:20160121185052j:image
ビールと焼酎1杯と食べ物が何品かで、千円。
か、もう少しついて二千円か。

とにかく入ろう。ビルの地下だよ。
f:id:pen77:20160121185248j:image

大将!2度目だけど、何となく覚えてくれていた。
f:id:pen77:20160121185439j:image

ビール飲む?と言われ、ハイと。
f:id:pen77:20160121185604j:image

おしぼり、持ってきすぎ!
f:id:pen77:20160121190043j:image

千円のセットにする?と言われ、ハイと。
f:id:pen77:20160121190221j:image
迷いがふっきれた。

おー来た来た。煮込み。
f:id:pen77:20160121190233j:image
味がよく染みててうまいなあ。
大きい肉が入ってる。これはいい。

大将がフライパン振って作ってくれた。
f:id:pen77:20160121190332j:image
うまいよ。

大将はクドイだけじゃなくて博学。
歴史とか哲学とか金融とかいろいろ話してくれる。
みんな大将と話したくて来るんだね。
若く見えるけど、たぶん80歳くらい。

千円セットの焼酎。ここから1杯作れと。
f:id:pen77:20160121192451j:image
濃さとか自由だよ。
とにかく1杯がセットの内容だから。
目一杯濃くするのが、俺たち学生の流儀。

これでセットのさいご。どっちもちゃんとうまい。
f:id:pen77:20160121192950j:image
さすがやきとり職人や。

セットの酒は終わりだけど、焼酎を追加。
f:id:pen77:20160121193350j:image

勝手に飲んでも大丈夫そうだけど、
マジメだから大将に申告する。
これは500円らしい。
今回も、目一杯濃くするぞ。
f:id:pen77:20160121194438j:image

濃いわー。
焼酎お湯割は2杯目だけど、
アルコール度数的には5杯目くらいだ。
f:id:pen77:20160121195045j:image
これが、欲望の濃さですね。

大将、「あー疲れた、人生」て言ってるけど、
すごく楽しそう。いいなあ、人生。

濃いからお湯で割る。あ、ウーロン茶だ。
f:id:pen77:20160121195511j:image
もう、カオス。俺がカオス。

いいなあ、人生。ウーロンハイできた。
f:id:pen77:20160121200101j:image

飲んでメールをしたら、あとで後悔する。
でも、メールできなかったら一生後悔する。
f:id:pen77:20160121200319j:image
後悔だけが、人生か。

はあ、このくらい酔ったら、あとはここでくつろげばいいね。
f:id:pen77:20160121202828j:image

とか考えながらトイレに行く途中…
転倒…、派手な音がする。
オレ発の派手な音が。酔った頭でヤバイと思う。
大将の声が聞こえる。「あー、飲みすぎたか。」

ごめんなさい、帰ります。
学生じゃないのに、目一杯濃くしちゃダメ。
膝が痛いよ。

階段を登って。
f:id:pen77:20160121204332j:image
行きはヨイヨイ帰りはこわい。

ありがとう大将、また来ます。
f:id:pen77:20160121204427j:image

転ぶくらい酔って、ぜんぶで1,500円でした。

バーならマティーニ1杯分だよ。

それはともなく、SMAPの真相、読まなくちゃ。
f:id:pen77:20160121205848j:image