読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆の東京

aru ahou no TOKYO

亀戸ぎょうざ両国店(両国)

これまで言ってなかったんですが。
こう見えて実は中学高校と餃子部でして。。

f:id:pen77:20160124223317j:image

 
今でも餃子と聞くと血が騒ぐんです。
f:id:pen77:20160124224026j:image
 
と、言っても餃子が嫌いになったこともありました。
f:id:pen77:20160124224128j:image
 
大好きだった餃子を嫌いになったのは高校のとき。
f:id:pen77:20160124224202j:image
 
顧問に怒鳴られ怒鳴られ。それも理不尽に。
f:id:pen77:20160124224344j:image
 
ほぼ休みもなく餃子漬けの毎日。
f:id:pen77:20160124224412j:image
 
友達が文化祭でフォークダンスなんて踊って青春を謳歌してるときもこちらは餃子。
f:id:pen77:20160124224431j:image
 
そりゃ、嫌いにもなりますよ。
f:id:pen77:20160124224444j:image
 
でも大学で餃子サークルに入り。
f:id:pen77:20160124224459j:image
 
また餃子が好きになりました。
f:id:pen77:20160124224514j:image
 
テニスサークルとかイベントサークルとか女子の多いサークルにも入りましたが。
f:id:pen77:20160124224526j:image
 
卒業まで続いたのは餃子サークルだけなんですよね。
f:id:pen77:20160124224540j:image
 
社会人となった今も、そしてこれからも。
f:id:pen77:20160124224549j:image
 
ずっと餃子にな関わり続けていきたいと思ってます。
f:id:pen77:20160124224602j:image
 
将来的には子供たちの指導者になり。
f:id:pen77:20160124224623j:image
 
サッカーに奪われた人気を、
もう一度餃子に取り戻せるようがんばりたいですね。
f:id:pen77:20160124224540j:image
 
あ、でも自分の子供には餃子を強制したりはしません。
f:id:pen77:20160125084252j:image
 
サッカーでもラグビーでも好きなことをやってくれればいい。
そう思っています。