読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆の東京

aru ahou no TOKYO

ふじむら(築地)

ランチ 「築地」

きょうは暖かいから遠出してみる。

迷った末にここに。
f:id:pen77:20160127121753j:image
 
角煮がおいしいお店だよ。
f:id:pen77:20160127121802j:image
 
細い路地の途中。階段を降りたところにあります。
f:id:pen77:20160127121850j:image
 
扉を開けると、あ、並んでる。広い店なのに人気だね。
f:id:pen77:20160127122016j:image
 
大丈夫かな。まあ、待つか。誰も俺を待ってないし。
 
迷うなあ。角煮か、それ以外か。
f:id:pen77:20160127122331j:image
脳天と中落ちは売り切れだって。
カキフライも気になるし、刺身も食べたい。
 
でも相席になったサラリーマンが三色づけ丼にしたから俺は角煮にしよう。
 
つぼの中身はたくわんと梅干し。
f:id:pen77:20160127122602j:image
 
相席になったサラリーマンとお互いスマホをいじりながら待つよ。
お互いのスマホを交換したわけではないよ。
 
来た来た。いいねえ。
f:id:pen77:20160127124801j:image
 
よし、これで完成。
f:id:pen77:20160127124834j:image
 
やっぱりおいしい!大きい。
f:id:pen77:20160127124912j:image
大きさがわかるように肉側からも撮ればよかった。
まだまだ甘いですな。
 
豚肉も大根も柔らかくていい味です。
f:id:pen77:20160127125233j:image
 
たまごまで絶妙な加減なのがこのお店。
f:id:pen77:20160127125244j:image
 
そして小鉢やみそ汁もちゃんとうまい。
f:id:pen77:20160127125949j:image
 
いい店だね。
相席になったサラリーマンが目を離したすきに、
角煮の汁も飲んだよ。
ごはん、おかわりできるけど、角煮が多いから少な目でいいくらい。
 
ひんぱんに行く人はともかく、初めてだったり、たまにしか行かないなら、
角煮を食べるべきだとひとり感慨に浸ったのでした。