読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆の東京

aru ahou no TOKYO

玲玲家園菜(新橋)

やばい、遅刻だ。あの方を待たせてしまうなんて!
立ち飲み屋を出て息を切らせながら新橋に到着。
 
ここだここだ。もういらっしゃるかな。
f:id:pen77:20160130120926j:image
 
よかった、まだだ。
f:id:pen77:20160130121137j:image
 
いくつになってもY先輩に会うのは緊張するなあ。
 
先に飲んでてもいいかなあ。
f:id:pen77:20160130121225j:image
 まあ、さっき飲んだしね。飲んでよ。
 
ここでもホッピーにしたよ。こっちは焼酎少なめだ。
f:id:pen77:20160130121251j:image
そういえばホッピーを教えてくれたのもY先輩だ。
 
お通し。Y先輩のクチに合えばいいけど。
f:id:pen77:20160130121353j:image
 
あ、「わりーわりー」と先輩ご到着。
懐かしいな先輩の「わりーわりー」
うれしいな。
 
ささ、なににしましょうか。餃子ですよ!
f:id:pen77:20160130123912j:image
 
 基本のハクサイを焼きで。
あとアンジャッシュ渡部おすすめのトマト。
f:id:pen77:20160130124857j:image
それからY先輩の「海老が食いてえ」の一声でエビを。
 
来ましたよー。これはエビかな。うまいっすね、先輩。
f:id:pen77:20160130121527j:image
 
 
これはハクサイ。いいっすね、先輩。
f:id:pen77:20160130121538j:image
さすがにY先輩には写真撮るから向きを変えてとは言えなかった。
 
これはトマト。あ、たしかにうまいかもっすね先輩。
f:id:pen77:20160130121552j:image
 
Y先輩は、自分が新卒で入った会社の先輩。
コピーはもちろん社会の右も左もわからなかったころに、すべてを教えてくれた方。
仕事はもちろん、遊びもね。
性格も年齢もけっこうちがうんだけど、なぜかよく遊びに誘ってくれて。
歌舞伎町でボッタクられたこともあったなあ。
今はY先輩は独立されて。自分も転職して。
あんなに一緒にいたのに、会うときはやっぱり緊張する。
尊敬してるから緊張するんだよね。
 
餃子の次はこういうのですね。
f:id:pen77:20160130124935j:image
 
Aセット。ジビエです。
f:id:pen77:20160130121610j:image
羊がうまい。味がうまい。
上野でもこういうの食べたことあるな。
 
これなんだっけ。話に夢中で忘れちゃったよ。
f:id:pen77:20160130121632j:image
 
久しぶりにお会いしたけど先輩健在。
f:id:pen77:20160130121649j:image
よかったよかった。
 
いい夜だ。むかし話に花が咲く。
お前は後輩の中でいちばん生意気だった、
なんて言われて。
f:id:pen77:20160130121658j:image
 
はあ、飲んだ飲んだ。
Y先輩もだいぶ酔われているようだ。
よし、そろそろ出ますか。
若いころならこのままタクシーで新宿まで行ったりしたけど、
さすがに自分もY先輩も大人になった。
 
ありがとうございました!
また会いましょうね。