読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆の東京

aru ahou no TOKYO

味珍(横浜)

「横浜」 煮込み ディープ
ここは横浜狸小路

f:id:pen77:20160315184141j:image

 
久しぶりに同期のK氏と飲みますよ。
f:id:pen77:20160315184424j:image
 
前から気になってた味珍に来れた。うれしいな。
f:id:pen77:20160315184446j:image
豚の店だよ。あ、まいちんと読みます。
 
二階でK氏の到着を待ちます。そわそわ。
f:id:pen77:20160315184537j:image
 
K氏、到着です!即カンパイ。
f:id:pen77:20160315203521j:image
 
同期っていいもんですな。
f:id:pen77:20160315212322j:image
 
なにを頼めばいいかわからない…
でも豚の店だからね、とりあえず豚舌。
f:id:pen77:20160315203606j:image
柔らかくてうまいわ。
 
豚のすべてを食べられる店。
f:id:pen77:20160315215646j:image
 
大将の背中を見れば、いい店だってわかるよね。
f:id:pen77:20160315215750j:image
 
白菜の漬物もちゃんとうまい。
f:id:pen77:20160315221822j:image
 
舌の次は尾だよ。あのクルクル巻いてるやつか。
f:id:pen77:20160315221905j:image
あのクルクル巻いてるやつが、こんなにうまかったか。
 
牛モツ煮込みもあった。豚だけじゃないぞ。
f:id:pen77:20160315223234j:image
 
さて次はどうするかとK氏と考える。
耳行きますか。耳。
f:id:pen77:20160315222108j:image
豚の耳ってペラペラだと思うじゃないですか。
ぜんぜんペラペラじゃなかった。
ねっとりしてるの。
 
隣の常連さんがグラスで焼酎を飲んでいる。
気になって見ていたら、「やかん」と注文すればいいと教えてくれた。
どうやらやかんで注いでくれるから、常連さんはそう呼ぶらしい。
そんな常連ぶっていいの?と思いながら、
K氏と声を合わせておそるおそる言ってみる。
 
 
バルス!…
 
 
f:id:pen77:20160315223059j:image
 
あの地平線線
f:id:pen77:20160315224340j:image
 
輝くのは
f:id:pen77:20160315224406j:image
 
どこかに君をかくしているから
f:id:pen77:20160315224446j:image
 

たくさんの灯がなつかしいのは

f:id:pen77:20160315224506j:image
 
あのどれかひとつに君がいるから
f:id:pen77:20160315224802j:image
 
さて、これは足。つまり豚足。
f:id:pen77:20160315234650j:image
やっぱりうまいな。こんなうまい豚足なかなかない。
 
見た目は似てても部位ごとそれぞれ味がちがう。
 
やかん、なんだか甘くてうまいけど、
さすがにこれ以上飲んだら危険だ。
 
あ、やかんを教えてくれた隣の常連さんが、
白菜くれた。
f:id:pen77:20160315235020j:image
 
では、もう1本ビールを飲んで次に行きますか。
 
この急な階段を降りてね、次へ。
f:id:pen77:20160315235230j:image