読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆の東京

aru ahou no TOKYO

お加代(横浜)

さて、味珍を出た我々はすぐ向かいの店へ。

f:id:pen77:20160316082709j:image
 
すぐにK氏と日本酒を酌み交わす。
f:id:pen77:20160316082742j:image
もう何回目だろう。こうやって注いでもらうの。
いちばん最初は15年前だろうな。
 
焼き鳥屋さんだね。
f:id:pen77:20160316082840j:image
 
塩辛から。今夜はじめての海のものだよ。
f:id:pen77:20160316082951j:image
 
つくね、すなぎも、あげまき。いいねー。
f:id:pen77:20160316083028j:image
 
ハイボールにチェンジ!
f:id:pen77:20160316083058j:image
 
なんこつ
f:id:pen77:20160316083118j:image
 
K氏と弊社の将来について語り合う。
今月で同期がひとり辞めちゃうけど、
俺たちはここに残って会社を盛り上げていこうぜ!
 
平成ボールを食べる俺たち昭和ボール。
f:id:pen77:20160316083355j:image
 
ハイボールをもう1杯ずつね。
f:id:pen77:20160316083526j:image
 
それから野菜ね。これは焼いたサラダだ。
f:id:pen77:20160316083548j:image
 
よし、そろそろ帰りますか。
 
ありがとうK氏。
さよなら、横浜。
f:id:pen77:20160316083823j:image