読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆の東京

aru ahou no TOKYO

カブト(新宿)

新宿西口思い出横丁。

f:id:pen77:20160614201843j:image

 

安そうだけど、意外と高かったりする。

f:id:pen77:20160614201827j:image

浅草のホッピー通りと一緒だね。

 

雰囲気は最高だけどね。

f:id:pen77:20160614201857j:image

 

観光客も多いしね。

f:id:pen77:20160614201931j:image

 

その中でいちばんだと思うのがカブト。

f:id:pen77:20160613212110j:image

鰻の串の店。

 

2度目かな。はじめて席に座ったときから好き。

f:id:pen77:20160614202010j:image

 

キリンビール小(480)から。

f:id:pen77:20160614202030j:image

 

一通り出てから、好きなの注文できた気がする。

f:id:pen77:20160613201607j:image

 

出てきた。えり焼。鰻の頭だって。

f:id:pen77:20160614202055j:image

うまい。骨感がある。珍味。

 

1本食べたら、えり焼の違うやつが来た。

f:id:pen77:20160614202112j:image

違うやつ(左)は生から焼いてるらしい。

こっちのほうが好きかも。

最初のやつ(右)は蒸してから焼いてるんだって。

 

これはひれ焼き。柔らかくてうまい。

f:id:pen77:20160613190025j:image

背びれ、腹びれ、しっぽを丸めたもの。

ひれもうまいんだね、鰻。

 

きも焼は1本。うまいなあ。予想通りうまい。

f:id:pen77:20160613190321j:image

メインディッシュだね。出てくる順番的にも。

 

最初のビールを小瓶にしたの、おかしいなとお思いだったでしょう。

キンミヤ(370)を飲むためですよ!

f:id:pen77:20160613202233j:image

くー。

 

蒲焼。うん、鰻だ。おいしい。

f:id:pen77:20160613202555j:image

 鰻で飲むって最高だよね。

 

はい、7本食べた。これで一通り出たよ。

f:id:pen77:20160613205554j:image

ここからは自由タイム。

 

で、選んだのはきも焼(300)

f:id:pen77:20160613205644j:image

やっぱりおいしい。

鰻様々だ。

 

キンミヤ焼酎追加だよ。

f:id:pen77:20160613205821j:image

 

鰻を頭からしっぽまで食べたけど、

基本どこもうなぎ味だよね。

食感とか、クセとか、部位によってふだん食べるうな重とは多少ちがっても基本うなぎの味なの。

そのあたりに生命の神秘を感じます。

ブレない感じがすごいしな。

 

さて、焼酎もこのくらいになると味が辛くなる。

f:id:pen77:20160613211653j:image

ストレートはね。

 

そしたら卓上の梅シロップを入れましょう。

f:id:pen77:20160613211724j:image

 

この焼酎甲類のストレートに梅シロップを入れて飲むやつをはじめて知ったのは吉祥寺のいせやだったな。

いせやって、正直うまいと思わないけど、思い出はいっぱいあるよ。青春の。

 

なんて思い出に浸ってしまった思い出横丁。

しんみりしたところで帰りますか。人も増えたしね。

f:id:pen77:20160613212203j:image

 

やっぱりいい店だったな。

それにしても、ふつうの鰻屋さんで頭とかどうしてるんだろ。

 

 帰るー。