或阿呆の東京

aru ahou no TOKYO

そばごころ 小坂(諏訪)

真夏だねー。

f:id:pen77:20200822122454j:image

特別な真夏。

ここに行列がないなんて。

 

そんな日にやって来たのは他でもない。

f:id:pen77:20200822122825j:image

 

前から気になっていた、

かもせいろのことを思い出したからだ。

食べてみよう。

蕎麦は田舎にした。

 

暑い日に熱いお茶もいいね。

f:id:pen77:20200822123010j:image

 

まあ、子どもだから水ももらうんだけどね。

f:id:pen77:20200822125241j:image

 

さあ、来た!

f:id:pen77:20200822125303j:image

ようこそ、かもさん。

会社のほうはどうですか?

 

たっぷりだね。

f:id:pen77:20200822125359j:image

 

こちらが、かもさん。

f:id:pen77:20200822125559j:image

 

そばをつけて。

f:id:pen77:20200822130331j:image

 

うまい!

鴨のうまみたっぷりのつゆ。

これが鴨かー。

 

そばもうまいね。このまま食べてみた。

f:id:pen77:20200822130933j:image

 

かもさんとねぎを超える相性はなかなかない。

f:id:pen77:20200822131113j:image

いえいえ、うちの夫婦なんてとてもとても。

すぐに浮かぶところでは、

K氏がかもで、奥さんがねぎって感じかな。

 

とにかく、このつけ汁がうまい。

これは、この鴨のスープを飲む料理ですな。

最初はふつうのツユも欲しいと思ったけど、

今はこれをずっと飲んでいたい。

 

ほっ

f:id:pen77:20200822131718j:image

あ、そば湯で割ってもいいスープだ。

 

おいしかった。

満足した。

前にK氏と来たときも、かもせいろを食べればよかったな。

 

次回だ。

冬なら、かも南ばんもありですな。

行者そば 梅庵(伊那)

うまい蕎麦があると聞けばどこまでも行く。

f:id:pen77:20200803142038j:image

こんな山間の地にだって。

 

山道をけっこう走った。

f:id:pen77:20200803134534j:image

 

営業時間に間に合ってよかった。

f:id:pen77:20200803134552j:image

 

民家ですね。

f:id:pen77:20200803134836j:image

 

どれ食べよ。まあ行者そばだよね。

f:id:pen77:20200803134657j:image

太いやつね。

並盛りにしてまだ食べれたら、

もりそばを追加しようか。

 

おいしそう。

f:id:pen77:20200803134813j:image

行者そばは、まずおろしそばにして、そのあと味噌を溶くのね。

オッケー。

 

この店、前から気になっていたからうれしい。

落ち着くなあ。

f:id:pen77:20200803134938j:image

 

来た!太いねー。

f:id:pen77:20200803135924j:image

ふつうの蕎麦の2倍はある。

 

まずは塩で。

f:id:pen77:20200803135958j:image

 

では。

f:id:pen77:20200803140026j:image

蕎麦の味が濃い!

昔の人はこんな味の濃い蕎麦を食べていたのかな。

これはずっと塩でいけるやつだ。

 

でも、行者そばの食べかたに従っておろしを。

f:id:pen77:20200803140140j:image

 

次は味噌を溶いて。

f:id:pen77:20200803140222j:image

 

どっちもうまいよ。

f:id:pen77:20200803140247j:image

 

でも蕎麦の味を味わいたくて塩に戻る。

f:id:pen77:20200803140335j:image

 

うまいうまい。

完食です。

 

ん?はるばる来て、これ1枚では帰れないよね。

もりを追加しようとしたら売り切れだ。

同じスタイルの寒ざらし蕎麦にしたよ。

f:id:pen77:20200803140437j:image

 

来た!

f:id:pen77:20200803142116j:image

 

こっちは極細だ。両極端だなあ。

氷で締めてあるから、30秒ほどおいたほうが蕎麦の香りが立つって。

塩で食べてくださいと言われたよ。

f:id:pen77:20200803142240j:image

 

ああ、これも蕎麦の味が濃い。

細くても濃いねー。

f:id:pen77:20200803142321j:image

この細さでこの濃さは初めてかも。

 

わさびは、直のせ。

f:id:pen77:20200803142338j:image

いつもはこれがうまいけど、

ここの蕎麦は塩だけでいいくらいだ。

塩でほとんど食べちゃった。

 

最後はつゆにもね。

f:id:pen77:20200803142429j:image

もちろん、つゆもうまい。

 

ほっ

f:id:pen77:20200803142454j:image

 

ほっ

f:id:pen77:20200803142509j:image

今日はつゆがふたつありまして。

 

おいしかったな。さすがでした。

卵焼きや鴨関係もうまいらしいから次回は頼もう。

f:id:pen77:20200803211316j:image

 

いつかK氏をお連れしたときにでもね。

f:id:pen77:20200809104322j:image

道の駅 信州蔦木宿(富士見)

久しぶりの外食は道の駅。

f:id:pen77:20200729145838j:image

 

道の駅だからと侮るなかれ。

ここの蕎麦はなかなかうまい。

f:id:pen77:20200729145927j:image

前に丸抜きという蕎麦を食べたから、今日は荒挽きを。

 

より荒々しさに期待ですよ。

f:id:pen77:20200729150058j:image

 

こんな時だから仕方ないけど、最近家でばっかり飲んでいて、妻からも逆に心配されている。

たまには外で食べないと。

あ、もちろんマスクは決して外しませんよ!

蕎麦ならいけるよね。

 

はい、来た。

f:id:pen77:20200729150857j:image

 

久しぶりなのでお写真もう1枚いいですかぁ?

f:id:pen77:20200729150955j:image

 

わさびを直でつけるのがいつものルーティーン。

f:id:pen77:20200729151017j:image

久しぶりでも忘れてないねー。

現役さながらのフォームです。

 

うん、うまいよ。

f:id:pen77:20200729153244j:image

その辺の蕎麦屋よりうまいよ。

大盛りにすればよかったかな。

 

ほっ。

f:id:pen77:20200729154736j:image

久しぶりだからすこしこぼした。

 

家もいいけど、外食もいいね。

でも外食ばっかりだと、それはそれで妻に怒られちゃうからバランスよくだな。

 

ではまたー。

鳥幸特製 焼鳥ミールキット

夏なのに。

ステイホームでブログを全然更新できない。

しかし、いい面もあると前向きに考えていこう。

 

うまい焼き鳥が家で食べられることもそのひとつだ。

f:id:pen77:20200712085406j:image

注文して2週間くらいで届いた。

鳥幸特製焼鳥ミールキットと焼き台のセット。

ミールといえば一般に大豆ミールや菜種ミールですが、こんな素敵なミールがあったんですね。

ベランダでできるから、

ベランディング鳥幸ともいうらしい。

 

ジャーン!

f:id:pen77:20200712085744j:image

塩が何種類もついている。

塩マスターとしては、これだけでも嬉しくなる。

まあ、焼き鳥はタレ派なんですが。

 

そしてこれ!鳥幸のロゴがアガりますね。

f:id:pen77:20200712085928j:image

 

まずは鶏を自然解凍。

f:id:pen77:20200712103213j:image

ここで焦ってはいけない。

 

もも、手羽、せせり、ぼんじり、砂肝のセットだ。

f:id:pen77:20200712112451j:image

このセットは伊達鶏とはかた地どりだけど、

これから他の鶏も発売されるらしい。

 

よし、解凍できた。焼いていこう。

 

これを塗ると炭火焼きの味を再現できるらしい。

f:id:pen77:20200712103438j:image

 

付属の刷毛でチャコールオイルを塗る。
f:id:pen77:20200712103435j:image

楽しいな。これはせせりだよ。

 

なんとYouTubeに部位ごとの焼き方が載ってるからその通りに焼けばいい。

https://youtu.be/QBSTqbMDpAA

 

ちなみに難しいのは、せせりとももの串の見分けだ。

ほぼ同じに見える。

いま焼いてるのはせせりのはずだが自信はない。

 

そろそろ焼けたかな。

f:id:pen77:20200712104044j:image

 

はいー。

f:id:pen77:20200712104652j:image

うん、おいしい。たしかに炭火の味がする。

焼くときに塩は振ってあるけど、

さらに薬味のトリュフ塩をつけてもいい。

 

砂肝は苦手だからさくさく行きましょう。
f:id:pen77:20200712104551j:image

燻製塩で。

こうやって部位ごとに薬味が決まってる。

 

次はタレをこの容器に移し、
f:id:pen77:20200712104943j:image

 

焼けたももを、ちゃぽん。
f:id:pen77:20200712104559j:image

 

再び焼き台に戻して両面を20秒。
f:id:pen77:20200712104602j:image

これを3回繰り返す。

 

そんな、もも。
f:id:pen77:20200712104556j:image

うん、おいしい。

やっぱりタレはいいね。

 

ぼんじりは黒胡椒で。
f:id:pen77:20200712104548j:image

脂がうまい!お店の焼き鳥とほぼ同じだねー。

 

さあ、ラストの手羽

f:id:pen77:20200712104648j:image

黒七味で。バリバリ香ばしい。

 

以上です。

うん、おいしいし、楽しかった。

 

楽しいといえば、妻と前よりよく会っている。

もちろんリモートでなんだけどね。

こうなる前からやろうと思えばできたんだろうけど、

なんだか照れくさくて。

でも今なら、みんなやってるしリモート飲みしてみようよと言える。

ずっとリモートでいいと言われそうですが(笑)

 

しかし本社会議がこれから先もリモートになって、

東京出張がなくなるのは困るなあ。

まあ、そんな思い切ったことする会社じゃないか。

 

では、また!

f:id:pen77:20200712112554j:image

或ひとからの明方ハム

こんなときだから仕方がないが、

しばらくブログを更新できていない。

f:id:pen77:20200506184605j:image

 

妻に会えない寂しさを、ブログを書くことで紛らわしていたんだなと改めて気付かされた。

 

すっかり元気をなくした俺をK氏が心配してくれて。

ショボくれてばかりいないで、

家飲みでもしなさいよと贈ってくれました。

f:id:pen77:20200409230306j:image

 

あの明方ハムです!

岐阜県民が愛してやまないヤツですね。

f:id:pen77:20200416072224j:image

テレビで観ましたよ。

有り難いなあ。

 

ちなみに、、

f:id:pen77:20200505140003j:image

読み方は「みょうがたハム」になりますね。

 

以前食べた明宝ハムは「めいほうハム」でしたね 。

f:id:pen77:20200506190906j:image

うーん、ややこしい。

二つのハムの起源は同じだとか。

この辺の経緯を話し出したら、とても90分では終わりませんので次の機会に譲りましょう。

 

では。

さっそく明方ボロニアソーセージをいただきますか。
f:id:pen77:20200505140018j:image

味見ね。

 

ぐさり。

f:id:pen77:20200505142207j:image

油を引いたほうがいいのかな。

f:id:pen77:20200505142618j:image

健康サララでヘルシーに焼きますね。

 

じゃん!いいピンク。
f:id:pen77:20200505142622j:image

 

豚は切ってもピンクなんだな。

f:id:pen77:20200506185141j:image

 

うまいねー。ビールに最高だ。

f:id:pen77:20200506194027j:image

 

今日は味見のつもりが、ついこんなに食べてしまった。

f:id:pen77:20200505142538j:image

 

《別の日》

いよいよハムを。
f:id:pen77:20200505143424j:image

これぞ明方ハムですね。

 

おー。切り口もなんかゴージャス。
f:id:pen77:20200505143415j:image

 

ひとつはフライパンで焼き、

もうひとつは酒を少しかけ電子レンジでチン!
f:id:pen77:20200506194149j:image

ネットでそれがうまいと読みまして。

チンのほうが旨味が引き出されるらしい。

 

うんうん、確かにうまいかも。

いやどっちもうまいけど、電子レンジのほうが簡単だしね。

 

《また別の日》

醤油フランクを。

f:id:pen77:20200506185311j:image

 

ジャン!

f:id:pen77:20200506185356j:image

フライパンで軽く炙ってね。

 

醤油味でうまい。それにボリュームがすごい。

このままでもうまいんだけど私は考えました。

醤油に合うものはなにか?

わさびでしょ。

で、わさびを付けてみたらやっぱりうまかったです。

 

あぁ、ブログを書いていたら元気になってきた。

こんな機会を与えてくれたK氏に感謝です。

ありがとうございました!

 

それと家飲みもなかなかいいですね。

オンライン飲みが流行ってるみたいだし、

試しに妻とでもやってみようかな。

 

でも、落ち着いたら、やっぱりどこかでのんびり飲みたいな。

 

こんな感じにね。

f:id:pen77:20200506214620j:image

丸八焼鳥店(甲府)

ねえ、シメたんだよね?

なんで横断歩道を渡ろうとしてるの?

f:id:pen77:20200327201557j:image

 

いや、電車まで少し時間があってね。

f:id:pen77:20200327201908j:image

 

うえーい!

f:id:pen77:20200329133745j:image

 

丸八のもうひとつの店には前に行った。

あっちは丸八やきとりチェーン店で、

ここは丸八焼鳥店平和通り店なのか。

 

ホッピーのシングルを。

f:id:pen77:20200327202041j:image

 

はいよ。

f:id:pen77:20200327202111j:image

向こうの店でもわからなかったけど、

シングルとダブルの違いは量だよね?

これがシングルならダブルは相当だな。

 

しかし、シメとはもろいものだな。

 

食べたいのは親どりのやきとりなんだけど、

f:id:pen77:20200327202149j:image

やっぱり串は売り切れだって。

前回、あっちの店でもそうだった。

でも、もも焼きがあるから大丈夫だよ。

タレでお願いします。

 

電車の時間まであと30分か。

どうでもいいな!

 

しかし、さすがにさっきのおにぎりが効いてきた。

順番を間違えてますね。

いや、順番を間違えてたのではない。

おにぎりで〆たのに、ここに入ったのが間違い。

 

ほらー。親もも。

f:id:pen77:20200327202948j:image

なに、このうまさ。

やっぱり食感がいいし。香ばしい。

ややしょっぱいけどね。

なんなら、もっと歯ごたえあっていいかも。

 

不謹慎ながら、これをおかずに、さっきのおにぎりを食べたいと思ってしまったよ。

 

ナカ

f:id:pen77:20200327204440j:image

シングルの意味がますますわからない。

なんなんだこの量。

 

顎が疲れてきた。

もっと歯ごたえあっていいとか言ってごめん。

 

なんだか酸欠気味だ。

f:id:pen77:20200329134858j:image

酔いと、親どりをかみ続けたせいか。

 

レバーも食べてみたいと思って横断歩道を渡ったけど、完全に満腹だ。

 

よし、帰ろう。

これで本当に〆だ。

f:id:pen77:20200329133845j:image

かにや(甲府)

シメちゃう?シメちゃっていいの?

f:id:pen77:20200327194330j:image

 

ここのおにぎりうまいらしいよ。

でもおにぎり食べたら締まっちゃうよ?

甲府の夜はもういいの?

 

当然です。

これ以上飲まないためにもです!

 

入店。

f:id:pen77:20200328191225j:image

いいねー。

 

どれにしようかな。

f:id:pen77:20200328190041j:image

迷うなあ。

カウンターの黄色いのは、からし漬けかな。

 

あ、裏を見たらあるじゃないですか。

f:id:pen77:20200327194532j:image

まだシメなくていいやつが。

 

ほら。

f:id:pen77:20200327194535j:image

 

そうだ。

ここでひとつ食べて、別にお土産をにぎってもらおう。

 

ここでは鮭だな。基本のき。

お持ち帰りは。うーん。

たらこと、山ごぼうにするかな。

 

来ちゃった。

f:id:pen77:20200327195720j:image

 

まだ酒あるからさ。

たくあんをつまみに飲むよ。

 

向きをかえてみたりしてね。

f:id:pen77:20200327195906j:image

 

いよいよ。

f:id:pen77:20200327200023j:image

あ、あったかい。

おいしい。

素朴。鮭の塩加減もいい。

 

見事に締まったわ。

米のシメる力はすごいな。

 

お土産もできた。

f:id:pen77:20200327200352j:image

かにがかわいい。

 

かにが。

f:id:pen77:20200327200417j:image

 

次回はみそ汁も飲みたいな。