或阿呆の東京

aru ahou no TOKYO

平五郎(長野)

辛いものを食べたあとは、

甘いものを欲しくなるのが世の常というもの。

f:id:pen77:20180108173157j:image

 

善光寺をお参りして門前を歩いているとありました。

f:id:pen77:20180108172544j:image

 

オブセ牛乳のソフトクリーム

f:id:pen77:20180108172909j:image

 

食べてみましょう。

 

2018年の新商品みたいですよ。

f:id:pen77:20180108173424j:image

 

じゃん笑

f:id:pen77:20180108172937j:image

 いいフォルムだ。

 

立ててみた。

f:id:pen77:20180108173016j:image

 

ソフトクリームだけどアイスに近いかな。

硬めのタイプ。

それでいてソフトクリームの爽やかさがある。

満足、満足。

あいさい坂城 地場産直売所(坂城)

戻ろう、さっきの直売所へ。

f:id:pen77:20180108071121j:image

 

ほら、ここでもおしぼりうどん食べられる。

f:id:pen77:20180108071229j:image

だからもう泣くのはよして。

 

サインもあるよ。

f:id:pen77:20180108071433j:image

 

うどちゃんのも。

f:id:pen77:20180108071454j:image

 

おしぼりうどんくださいな。

f:id:pen77:20180108071405j:image

 

お昼時だから混んでます。 

f:id:pen77:20180108071549j:image

しばらく待って席が空いた。

 

楽しみだな。やっと食べられる。

 

じゃーん!

f:id:pen77:20180108085537j:image

ねずみ大根の絞り汁にお好みで味噌を混ぜてね。

 

麺がうまそう。手打ちなんだね。

f:id:pen77:20180108085633j:image

量もけっこう多い。

 

さあ。

f:id:pen77:20180108085706j:image

 

まずは大根だけをたっぷりつけて。

f:id:pen77:20180108085732j:image

 

うまい!

むせた!辛いね。

でもうまい。

 

さあ、味噌を溶いてみる。

f:id:pen77:20180108085831j:image

 

たっぷりつけて。

f:id:pen77:20180108164308j:image

 

うまいー!

味噌を入れるとまろやかになるはずだけど、

もっと辛くなった気もする。

またむせた。

 

そして麺がやっぱりうまいな。

 

おいしかった。

お代わりしたかったくらいだ。

 

そういえば上田の馬肉うどんもうまかったし、

こっちのほうはうどんを食べるのかもね。

かいぜ(坂城町)

しなの鉄道に乗りまして。

f:id:pen77:20180107111902j:image

我々が向かったのは…。

 

テクノさかき駅

f:id:pen77:20180107112605j:image

そう、ここは長野県坂城町

大河ドラマ真田丸」で盛り上がった上田市の近くです。

 

あなた方みたいな都会派集団が、

なぜそんなところにいるかって?

 

ふふふ、おしぼりうどんですよ、おしぼりうどん。

この辺りの郷土料理のおしぼりうどん。

ねずみ大根の絞り汁で食べるうどんです。

 

それを食べてみたくて電車に乗って来たんです。

ねずみ大根は辛味大根のこと。

だから辛いらしいよー。

辛いと聞くといてもたってもいられなくなるのもまた我々なんです。

 

さあ、駅からはレンタサイクルです。

f:id:pen77:20180107112644j:image

お目当ての店までは駅から2キロあるらしいですから。

 

チャリンチャリン♪

f:id:pen77:20180107174323j:image

 

チャリンチャリン♪

f:id:pen77:20180107174349j:image

わーい、わーい。

気持ちいいな。

 

あ、直売所だ。

f:id:pen77:20180107174717j:image

ねずみ大根が買えるんだね。寄らないと。

 

あったあった。

f:id:pen77:20180107175222j:image

すごいな。この量で250円は安いよ。

スーパーだと一個で190円するからね。

 

さあ、お店を目指しましょう。

ここでもおしぼりうどん食べれるみたいだけど、

我々には目指す店がある。

 

わーい、わーい…

f:id:pen77:20180107175350j:image

 

わーい、わーい……

わーい…

 

おやおや?

自転車を降りて押してますね舞の海さん。

 

坂が、坂が。。。

これは無理だわ。息が切れる。

 

たぶんまだ先。

f:id:pen77:20180107175445j:image

あの一番奥のあたりだな。 

 

辛いと思うな、帰りが楽しみだと思え。

帰りは下り坂だ!

ものすごく爽快なはず。

 

あ、あれだ!

f:id:pen77:20180107114943j:image

かいぜ入り口

さっき見えた場所よりさらに上だった。

駅から30分はこいだ。

 

でももうひと息。

これ徒歩ではきついな。坂だから自転車でもきついし。

 

見えたぜ、かいぜ!

f:id:pen77:20180107185820j:image

入り口の看板からさらに一度道を間違えて戻ってね。

 

うれしいな。

ここを目指して電車で2時間半、さらに自転車で30分ですよ。

 

ん?

f:id:pen77:20180107115105j:image

 

ん??

f:id:pen77:20180107175653j:image

 

f:id:pen77:20180107194820j:image

 

おわり

明神ふかひれ櫻華 みやび(御茶ノ水)

あけましておめでとうございます。

f:id:pen77:20180103102827j:image

 

神田明神で初詣です。

f:id:pen77:20180103103006j:image

 

インフルエンザでダウンしている妻の分まで、

しっかりお参りしましたよ。

 

 さて、参道にこんなお店がありました。

f:id:pen77:20180103102843j:image

 

ふかひれ専門店だって。

f:id:pen77:20180103103758j:image

 

はい。

f:id:pen77:20180103103150j:image

左がふかひれスープ。

右の泡のものはなんでしょうかね。

 

うん、おいしい。 

f:id:pen77:20180103103237j:image

 

とてもいい味です。

右の泡のものもおいしかったですよ。

 

はじまりました2018。

今年もよろしくお願いいたします。

f:id:pen77:20180114202757j:image

或ファンからの鰻

こんなブログにもファンの方がいてくれまして。

 

先日の記事で「あーあ、あーあ。帰ったら鰻が届いてたりしないかな。それなら元気に帰るよ」なんて書いてしまったところ。

 

なんと鰻が!

f:id:pen77:20171229221520j:image

 

申し訳ないです。

そんなつもりではなかったのですが…。

 

きょう、その鰻の白焼きをいただきました。

f:id:pen77:20171229221645j:image

 

いやー、うまいです。

上品で、それでいて濃厚で。 

 

わさび醤油でこれを。

これで酒が飲める。

幸せ。

 

こんないい酒の肴はありません。

贅沢。

 

横浜市在住のKさん、

本当にありがとうございました!

旦那さまにもよろしくお伝えください。

わおん(新宿)

やべえ、またあずさを逃した。

f:id:pen77:20171218181334j:image

 

つぎは1時間後だ。

f:id:pen77:20171218181406j:image

帰りたくないのが深層心理にばれてるんだろうな。

 

新宿駅にこういう店ができたのは便利だな。

f:id:pen77:20171218181430j:image

 

わおんって店か。

f:id:pen77:20171218181657j:image

どこかがやってるのかな。

 

なにか既視感がある。

f:id:pen77:20171218181856j:image

 

でもいいよ。

次回ここにたどり着けるかどうかだけど。

西口だな。

 

f:id:pen77:20171218183634j:image

 

ホのナカの蛙。

f:id:pen77:20171218183743j:image

 

200円。

f:id:pen77:20171218183748j:image

 

こうやって立ち飲み屋で飲んでるおっさんたちみると、給食みたいだなって思う。

けなげに酒の列に並んでさ。

 

本当に帰るか。

カブト(新宿)

仕方ない締めますか。

f:id:pen77:20171218165936j:image

 

きょうはやってた。

f:id:pen77:20171218165947j:image

前回来たときは休みだったんだよね。

 

キンミヤの梅割りから。

f:id:pen77:20171218170203j:image

 

帰りたくないと心底思う。

f:id:pen77:20171218170339j:image

つまり心の底から。

 

ここは鰻の串の店。

鰻の各部がひと通り出るよ。

f:id:pen77:20171218170915j:image

ここはどこだろう。骨っぽい。

 

熱燗。

f:id:pen77:20171218171238j:image

外国人が頼んでるのを見て、

ヤカンがうまそうでつい私も。

 

あちち。

f:id:pen77:20171218171254j:image

外国人の多くが自分の国の酒より日本酒がうまいって言うらしい。

おかみさん、けっこう英語で接客してる。

 

真澄もある。

f:id:pen77:20171218171650j:image

 

これはどこかな。

f:id:pen77:20171218171750j:image

 

ここはどこかな。

f:id:pen77:20171218172355j:image

鰻ってどこを食べても鰻の味がするからすごいよね。

 

キンミヤリターンズ。

f:id:pen77:20171218172403j:image

 

帰りたくないよ。

f:id:pen77:20171218172341j:image

 

帰りたくないよ。

 

これでひと通り。

f:id:pen77:20171218173438j:image

 

蒲焼きとれば焼きだな。

 

ればうまい!

f:id:pen77:20171218173441j:image

追加しちゃうぞ。

 

この店は酒は本当は3杯までなんだけど。

f:id:pen77:20171218174014j:image

「これでおしまいですよーお兄さん1杯多いからねー」

っておかみさんに言われながらキンミヤ。

 禁断の4杯目。

 

むこうで飲んでるベレー帽のおじいさんが子供時代の思い出を話してる。

親が野良仕事からなかなか帰ってこなくて寂しかったんだって。

おじいさんも子供だったんだね。

 

あーあ。

帰りたくねえな。

 

仕方ねえな。帰るか。

f:id:pen77:20171218175120j:image

 

 

あーあ、あーあ。 

帰ったら鰻が届いてたりしないかな。

それなら元気に帰るよ。