或阿呆の東京

aru ahou no TOKYO

萬里(伊那)

久しぶりに伊那のローメンを食べますか。

f:id:pen77:20191108175202j:image

ソースカツ丼と迷ったけどね。

 

ここは汁ありタイプのローメン

前に行った近くのうしおは汁なしだったね。

 

ソースと酢をひと回しして食べるのね。オッケー!
f:id:pen77:20191108175209j:image

 

この辺のやつでウキウキテーブルクッキング。
f:id:pen77:20191108175205j:image

 

はい、ローメン(700)
f:id:pen77:20191108175200j:image

 

ソースをかけて。

f:id:pen77:20191108175559j:image

 

ほらどうだ。

f:id:pen77:20191108181119j:image

 

ラーメンにソースをかけてるみたいでドキドキする。

 

酢をかけて。

f:id:pen77:20191108175619j:image

 

うまいよ。

賛否両論のローメンだけど俺は好き。

禁断のニンニクやゴマ油も入れて、

どんどんスープがおいしくなっていく。

 

豚頭(とんとう)も気になるな。
f:id:pen77:20191108175156j:image

酒が飲めれば迷わず食べるけど…。

これからまだ仕事だ。

量も多そうだしな…。

でも常連さんが来るたびに、これとローメンを頼む。

「アタマとローメンお願い」と。

 

ええい!
f:id:pen77:20191108175212j:image

 

いいじゃないか。

f:id:pen77:20191108181202j:image

 

これにも、酢やら醤油やら七味やらをかけて。
f:id:pen77:20191108175219j:image

うまい!冷たいかと思ったら温かい。

それから柔らかい。

 

これで飲みたいよ…。

 

ローメンも豚頭も自分で味をつけていくのが楽しい。

常連さんはそれぞれ好きな味つけがありそう。

豚頭にゴマ油と醤油と七味の人もいたし、

ソースの人もいた。

 

いいランチでした。
f:id:pen77:20191108175223j:image

 

さすがローメン発祥の地だ。
f:id:pen77:20191108175215j:image

 

ローメンは汁ありタイプが好きかな。

でん(中目黒)

妻の友だちが遊びに来たのでこちらへ。

f:id:pen77:20191106222056j:image

日曜日の17時。心配だったけど座れた。

逆に開店直後より空いてるのかも。

とは言っても、またすぐ満席になったけどね。

 

さっそくカンパイ!

f:id:pen77:20191106222142j:image

 

妻とお友だちはビール。俺はレモンサワー。

俺には糖質のないものにしろと言いながら、

自分はビールか。

もちろんこれは、妻の愛。

 

さっそくの煮込み。玉子も入れてもらって。

f:id:pen77:20191108193705j:image

俺と妻にはおなじみの、お友だちには初めてのでんの煮込み。

喜んでくれてよかったー。

だって、今日はおめでたい日。

 

はいよ!
f:id:pen77:20191106222030j:image

もう売り切れているものがたくさん。

14時からやってるからね。

 

さらに。
f:id:pen77:20191106222016j:image

お友だちが「赤いのは明太子?」って。

ちがうよ、辛いミソみたいのだよ。

つけるとうまいんだよ!

 

俺はレモンサワーをおかわり。

f:id:pen77:20191106222118j:image

 

酢もつでさっぱりして。
f:id:pen77:20191106222115j:image

 

ればとろ。
f:id:pen77:20191109142147j:image

いいねえ。

 

はいよー。
f:id:pen77:20191106222146j:image

 

煮込みをもう一杯。

f:id:pen77:20191109144337j:image

 

レモンサワーをもう一杯。
f:id:pen77:20191106222122j:image

やっぱりここのはおいしい。

 

お友だち、明日、結婚する。

 

独身さいごの日の今日。
f:id:pen77:20191109144638j:image

 

わざわざ会いに来てくれて。

f:id:pen77:20191109145251j:image

ありがとう。

 

ここでいいのかな?と思いながらも。
f:id:pen77:20191106222129j:image

 

俺と妻の思い出の店に行きたいって言うから。

f:id:pen77:20191109145411j:image

 

メグ、お幸せに!
f:id:pen77:20191106222132j:image

 

お二人みたいな夫婦になりたいだなんて。
f:id:pen77:20191106222045j:image

 

ありがとう。
f:id:pen77:20191106222138j:image

 

秘訣なんて偉そうに言えるものはないけど。
f:id:pen77:20191109152344j:image

 

こうやって、一緒に好きな店に行くことかな。
f:id:pen77:20191106222125j:image

なんでもない日でも、ね。

なんでもない日だからこそか。

 

いや、そんなメモするほどのことではないよ(笑)

f:id:pen77:20191109165656j:image

 

たくさん飲んだな。
f:id:pen77:20191109154153j:image

 

楽しかったな。
f:id:pen77:20191109154215j:image

 

帰り道に妻と

「お祝いのつもりが逆に元気もらっちゃったね」

って話したよ。

 

これからも、夫婦共々よろしく!

落ち着いたらまた来てね。

東京立呑倶楽部(両国)

知ってたよ、この店。

f:id:pen77:20191102220050j:image

噂の東京リットン倶楽部。

 

こういう感じな。

f:id:pen77:20191102220111j:image

ホッピー700円でずいぶん高いなと思ったら、

中が2杯もついてくるんだ。

 

ハイボールかな。

f:id:pen77:20191102220150j:image 

 

ふむふむ。

f:id:pen77:20191102220233j:image

 

いい店だな。

f:id:pen77:20191102220304j:image

 

みんな、楽しそうだから。

f:id:pen77:20191102220332j:image

 

ついね。

f:id:pen77:20191103072935j:image

 

ちくわ食べたのかな。

f:id:pen77:20191103093055j:image

 

食べたんだろうな。

新世紀(両国)

両国で、ふと降りてしまった日には。

f:id:pen77:20191102204435j:image

入るか。

 

口福と書いてコウフクと読むのだろう。

f:id:pen77:20191102204522j:image

 

そのまえにハイボールは190円なのかな。

f:id:pen77:20191102204625j:image

 

試しにね。

f:id:pen77:20191102204638j:image

 

餃子だよな、たぶんここでは餃子なはずさ。

f:id:pen77:20191102204759j:image

 

前から知ってたよ、ここ。

きっとうまいんだろうなと思ってた。

でも機会がなくてスルーしてた。

 

それが、いま入るんだから。

人生ってほんとにわからないな。

f:id:pen77:20191102205042j:image

ちなみに時間はちょうど21時になった。

 

あ、来た!元祖一口焼き餃子(340)

f:id:pen77:20191102205726j:image

 

お店の人が醤油たちを近くに寄せてくれた。

f:id:pen77:20191102205820j:image

 

こうやって。

f:id:pen77:20191102205905j:image

タレを作るいつもの儀式。

 

そして、、

f:id:pen77:20191102205911j:image

 

あ、

f:id:pen77:20191102205911j:image

おいしい餃子かも。

 

二個目で確信した。

f:id:pen77:20191102210040j:image

おいしい餃子だ!

 

皮がいい。食感が。

それから、中の具もいい。

表現できないけど、これはいい。

 

いま山椒をかけてみたら、たぶんこれがいちばん合う。

f:id:pen77:20191102210255j:image

最高かも。

山椒が好きでよくかけるけど、

ここまで合うものにはなかなか出会えない。

最近の麻辣ブームでもだ。

 

となればね。

ハイボール(190?)

f:id:pen77:20191102210648j:image

 

この辺なんかいい感じだよね。

f:id:pen77:20191102211301j:image

 

うわ、タンタン麺、名物かあ。

f:id:pen77:20191102211626j:image

名物と言われて、頼まないとかある?

俺はない。

 

とりあえず。

f:id:pen77:20191102213115j:image

 

あ、でも次に行く。

番外地(大島)

すこしだけ久しぶりだな。

f:id:pen77:20191102162526j:image

 

久しぶりでも変わらない、この感じ。

f:id:pen77:20191102163125j:image

いつもの常連さんもいつものように話しかけてくれる。

 

たまごサラダ(100)

f:id:pen77:20191102163202j:image

 

ナカは100円。

f:id:pen77:20191102173459j:image

消費税上がっても変わらずだ。

 

かます(200)

f:id:pen77:20191102164407j:image

ねっとりうまい。

完全に200円の味じゃない。

 

ナカ

f:id:pen77:20191102165341j:image

 

セットで。

f:id:pen77:20191102170738j:image

 

釣ってきたアジフライ。

f:id:pen77:20191102173531j:image

ぜんぜんちがう!

これまでもうまいアジフライを食べたけど、

正直ぜんぜんちがうとは思わなかった。

しかし、これはちがう。

シッポがちがう。うまい。

 

こういうのに時の流れを感じる。

f:id:pen77:20191102173933j:image

日本でラグビーのワールドカップだもん。

そんなこと思いもしなかったよ。

俺がラグビーやってたころは。夢のよう。

 

ナカ

f:id:pen77:20191102174214j:image

 

黒ホッピー

f:id:pen77:20191102181722j:image

 

ナカ

f:id:pen77:20191102183123j:image

 

ラグビー

f:id:pen77:20191103101820j:image

南アフリカの優勝だ。

 

いかんいかん。

あした大事な予定があるから控え目に飲むつもりが飲み過ぎてる。

 

メンマ

f:id:pen77:20191102185544j:image

 

ふう。

f:id:pen77:20191102212515j:image

気分が明るいんだよね。東京にいるだけで。

それが結論かな。

渋谷餃子(新宿)

餃子屋さんか。気になる。

f:id:pen77:20191102144418j:image

 

と、同時にランチがよくありがちなこの店でいいのかなとも思う。

 

とりあえず入ろう。軽やかに。

f:id:pen77:20191102144511j:image

あんまり考えすぎずにね。

 

ウーロンハイと、餃子で軽く味見だ。

f:id:pen77:20191102144632j:image

 

お店の人に勧められた通り、

ウーロンハイは1.5倍でお願いしますか。
f:id:pen77:20191102144618j:image

 

デカいね。
f:id:pen77:20191102144652j:image

1.5倍なんて大したことないと思ったけど、

体重70kgの人が105kgになるようなものか。

それはデカいわ。

 

タレを作るいつもの儀式をしていると、、
f:id:pen77:20191102144639j:image

 

来ました。
f:id:pen77:20191102144621j:image

うまそうじゃないか。

 

こんな風になる。
f:id:pen77:20191102144649j:image

 

それ!
f:id:pen77:20191102144624j:image

うん、おいしいよ。

皮がパリパリしてる。


餃子をもう一人前食べたい。

両隣りの若者は酒も飲まずに餃子を20個くらい食べている。

この店はこういう感じなのかも。

餃子が主食。若者の酒離れ。


でもまだ夜は長い。なんなら夜にもなってない。

それにここは東京。ほかに行きたい店もある。

余力を残して次に行くか。

f:id:pen77:20191102144646j:image

 

余力を残せそうなものだけ追加して。

f:id:pen77:20191102144615j:image

 

よかった、次に来たおじさんもビールだ。

おっさんの酒離れは心配しなくていい。

 

と思っていたら、ラグビーイングランド代表の応援と思われる外国人たちが入ってきた。

思われるというか、絶対そうだ。

ユニホーム着てるし、足にタトゥー入ってるし、英語だし。

 

今夜の決勝がんばれよ!と、もう一杯。
f:id:pen77:20191102144635j:image

やばい楽しくなってきた。

 

次に来た俺より少し上くらいの人はビールだ。

その次の俺より少し若そうな人は餃子だけ。

俺が分岐点か。酒離れの。そしておじさんの。

そういえば、妻にも今が踏ん張りどころよみたいなこと言われたな。

 

そうか。次に行きますか。

第一龍泉食堂(甲府)

元気よく千鳥足で向かったのは、、

f:id:pen77:20191026191630j:image

 

第一龍泉食堂。

f:id:pen77:20191026191645j:image

第二、第三もあるのかな。

 

平静を装って焼酎のウーロン割りを注文。

f:id:pen77:20191026191805j:image

じぇんじぇん酔ってないですよ〜って顔でね。

 

はい。

f:id:pen77:20191026191849j:image

 

前回は餃子がうまかった。

しかし、もつ煮を頼んだ。リスクを承知で。

 

なんて言ってたら、もう来た!

f:id:pen77:20191026192103j:image

 

おいおい、

f:id:pen77:20191026192132j:image

うまいじゃないか。

 

このもつ煮と、それに急いで合わせるウーロンが最高。

 

待って。冷静にモツ煮がどうかを考えよう。

本当にうまいのか。酔ってるだけじゃないか。

 

うん、うまいよ。

酔ってるからうまく言えないけど。

それでも、いいもつ煮かどうかくらいはわかる。

甲府のモツ煮はやきとりと同様に歯ごたえがいいのか。

すごくうまい。

 

っていうか、ここどこ?

f:id:pen77:20191028092147j:image

 

すみません、ウーロン割りもう1杯ください。

 

「だおにはる」

f:id:pen77:20191028092254j:image

たしかにそう言われたよ。

ウーロン割りを出すとき大将に。

このくらいにしておきなさいよって意味かな。

 

ほかのものも食べてみたい。

でももうお腹がいっぱいだ。

そして少しばかり酔っているようだ。

 

帰ろう。

f:id:pen77:20191028092420j:image

 

次はここをメインにしてみるか。