読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆の東京

aru ahou no TOKYO

スリスティ(新富町)

寿楽はすぐに出た。

f:id:pen77:20170116201109j:image

それは、ここで次の大事な予定があったから。

 

今から尊敬するM先輩と飲むんです。

今日、はしごでのランチにも同席してくれた方。

ワクワクするな。

 

と、喜び勇んで来たものの…。

先輩はもちろん、ほかの客も誰もいない。

f:id:pen77:20170116201224j:image

 

緊張するから飲んでよ。

f:id:pen77:20170116201336j:image

エビスビール(520)です。

ランチは後輩と3人だったからよかったけど、

M先輩と2人ってのは緊張するのよ。

 

というのもMさん、俺が思うに弊社で一番の美人でして。

だから常にいろんなところから引っ張りだこで。

今日もこのあと予定があって1時間しか空いてないとのことなんだけど。

それでも久しぶりだからって、わざわざ来てくれる。

緊張するなってほうが無理ですわ。

 

なんて書いてたら、M先輩ご到着です。

いつもの小さいビール(420)ですね。

f:id:pen77:20170116225530j:image

 

お疲れさまでーす!

f:id:pen77:20170116225624j:image

 

パパド。これがお通しかな。

f:id:pen77:20170116225417j:image

 

僕はもう次のハイボール(390)ですよ。

f:id:pen77:20170116225851j:image

どうしてもペースが早くなっちゃうな。

 

キーマナン(550)も来た。

f:id:pen77:20170116225821j:image

マトンの挽肉がナンに挟まっててうまい。

 

せっかく時間を取ってくれた先輩に色々質問しないと。

f:id:pen77:20170116230142j:image

と思うと質問ってなかなか出ないんだよな。

で、慌てて考えた拙い質問にもM先輩はひとつひとつ丁寧に答えてくれる。

美人なだけじゃなくて、仕事もできるひと。

それだから、尊敬してるんですよ。

 

マトンと玉ねぎだったかな。

f:id:pen77:20170116231930j:image

 

マトンドゥピャーザ(980)というカレー。

f:id:pen77:20170116225723j:image

 

あー、しまった。マトンがかぶったわ。

f:id:pen77:20170116232143j:image

ナンのキーマもマトンじゃん。

お店の人が半笑いで持って来たわけだ。

 

なのに。

「わたし、ヒツジ大好きだからいいよ(笑)」

先輩がそう言ってフォローしてくれた。

f:id:pen77:20170116232223j:image

この人はいつもこうやって軽やかに助けてくれる。

俺が新入社員のときからそうだ。

大手町のビルにいたころね。

入社以来、何度この人に助けられたことか。

イヤな上司からもかばってくれたな。

 

なんて感慨に浸っていたら、そろそろ時間だ。

M先輩はこらから麹町だ。

ふたりでもう一杯だけ飲んで解散しましょう。

f:id:pen77:20170116232634j:image

 

けっきょく、ほかのお客さんは来なかったな。

f:id:pen77:20170116233755j:image

 

短い時間で話し足りないけど、楽しかった。

それに勉強になった。

M先輩、ありがとうございました!

またこちらに来たらよろしくお願いします。